インフルエンザ 大人 A型

A型の症状・特長、B型との違い

インフルエンザA型の症状・特長

インフルエンザA型の症状の初期段階では急な悪寒と震えがあり頭痛を感じたりします。
さっきまで何でもなかったのにといった感じで急に訪れるのが特徴。

 

こういった症状に気付いて熱を測ると大人でも大概38度以上の高熱となります。
症状が進んでくると関節痛で節々が痛くなり、身体が鉛のように重く感じ、倦怠感で起きていることも苦痛に感じる程に。

 

その他咳やくしゃみが出たり、喉が痛くなったり、腹痛や下痢といった風邪に似た症状も重なって非常に辛いものです。
インフルエンザかな?と思ったら早期に病院へ受診することをオススメします。

 

タミフルを処方され飲めば案外ケロっと半日程度で回復してきますので。

 

Sponsored Links

 

 

B型との違いは何?

インフルエンザにはABC型がありますが、その中で感染力が強く症状が重いのはA型だけでなくB型も同様です。

 

どちらも悪性度が強いことは確かなのですが、A型の方がB型に比べて急激な変異を繰り返しながら感染していく力が強いために毎年大流行するのです。
B型は変異がゆるやかですので大規模な流行には繋がりにくいわけです。

 

またB型が人から人への感染のみなのに対してA型は鶏や豚からも感染が確認されているというので恐ろしいですよね。
B型はA型と比較すると風邪の症状に似てます。気管支系や消化器系に炎症を起こしやすいために、腹痛や下痢などの症状が出やすいです。

 

腹痛を伴いながら嘔吐の症状が現れることもあります。
風邪に似ているためにインフルエンザと判断つかずで見過ごす可能性があります。

 

いずれにしても様子がおかしい!と思ったら躊躇せずに病院を受診してください。

Sponsored Links
このサイトでは大人のインフルエンザに関する知識・対処法や、体験談などを更新していきます。



Sponsored Links