インフルエンザ 大人 発症してから

大人インフルエンザが発症してから市販薬や解熱剤は効くのか?

市販薬は有効?

インフルエンザへの感染を疑うのはやはり急な発熱があってからでしょうか。
ほとんどの方は、それまでは『風邪かな?』という程度だと思います。

 

インフルエンザに効く市販薬と言うと総合感冒薬をイメージされる方も多いと思います。
総合感冒薬の効果については賛否両論ありますが、咳や頭痛などの症状を緩和するという意味においては少なからず効果はあると思います。

 

Sponsored Links

 

しかし風邪とインフルエンザは根本的に違います。
インフルエンザの場合はウイルスが原因ですので、風邪薬などで症状をおさえても治る訳ではありません。

 

しかも、症状を抑えて楽になったからといって、外出するのはもってのほかです。

 

体内にインフルエンザのウイルスが残っている状態で外出するということは、外にいる他の人たちにインフルエンザを感染拡大するということになりかねません。
専用のインフルエンザ治療薬を病院で処方してもらい、自宅で安静にするべきです。

 

 

解熱剤は有効?

大人になって39度をこえる熱というものはほとんど出ませんので、高熱になった状態というのに慣れてない場合が多いです。
だから、インフルエンザで高熱を出すとフラフラになってしまい、頭痛もあるため解熱鎮痛剤をつい使用したくなる気持ちは分かります。

 

しかし解熱鎮痛剤を使用することによって、熱はさがって体は楽になるかもしれませんが、かえってインフルエンザの完治を遅らせてしまうことがあるの要注意です。

 

体は意味もなく高熱を出している訳ではありません。
インフルエンザのウイルスを焼き殺そうと必死で戦っているので熱が出ている訳です。

 

また、熱が下がって動けるようになると何かしてしまうのが人間です。

 

しかし、インフルエンザに感染してしまった以上、体内にウイルスが残っている間は基本的に外出禁止です。
ここは素直にあきらめて、水分をたくさんとって寝ましょう。
二三日もすれば回復するハズです。

Sponsored Links
このサイトでは大人のインフルエンザに関する知識・対処法や、体験談などを更新していきます。



Sponsored Links