大人 インフルエンザ

知らなかった!?イナビルの副作用とは

イナビルは、2000年以降に登場してきたインフルエンザの特効薬、タミフル、リレンザなどのうちののひとつです。
よく効く薬として、インフルエンザに使われますが、気になるのはどんな副作用があるのか・・・

 

同じインフルエンザ特効薬のタミフルでは異常行動を起こした人がいたのが大きくニュースにもなりましたからね。

 

Sponsored Links

 

イナビルの副作用で頭痛になる?

イナビルの副作用に頭痛の症状は、ありません。インフルエンザの特徴的な症状に頭痛があるので、インフルエンザからくる頭痛と考えられます。
イナビルを服用することで、インフルエンザの症状も抑えられ頭痛の症状も緩和していくと考えられます。もし、頭痛が酷い場合には、頭痛薬カロナールを弁用して使用することも可能です。頭痛薬を誤って服用するとインフルエンザ脳症になる可能性がありますので医師と相談して服用するようにしましょう。

 

 

イナビルの副作用で吐き気が出る?

 

ごく稀にイナビルの副作用として、吐き気をもよおす事があります。インフルエンザにかかるとウイルスにより高熱が出て、それにより胃腸が弱まり吐き気をもよおす事があります。インフルエンザの特徴的な症状にも吐き気がありますので、それからくる症状と考えられる可能性もあります。

 

イナビルの副作用で異常行動を起こす?

 

異常行動を起こす可能性があるのは、10代の男性患者という調査結果があります。
イナビル吸入後2日以内に寝起き、もしくは睡眠中に異常行動を起こす可能性があるとされています。
薬の投与に問題があるのではなく、インフルエンザ自体に問題がある可能性があるとされています。インフルエンザの特効薬としてタミフル、リレンザ、イナビルとありますが、これらの薬自体に問題があるかは、今のところ不明です。

 

イナビルの副作用で下痢になる?

 

イナビルは、一度の吸入で治療が完結する薬ですが、比較的副作用の弱い薬とされています。
イナビルは、長期間持続する薬ですので、薬の投与した日から三日間下痢になる可能性が考えられます。
イナビルの副作用だけではなく、インフルエンザの症状にも下痢はあります。インフルエンザにかかると胃腸の機能の低下によりお腹を下すということが考えられます。
下痢の症状が出た時は必ず水分補給をしましょう。水分補給をしないと脱水症状になる可能性があります。この時にスポーツドリンクで水分補給をし、味噌汁などでミネラルを摂るようにしましょう。

 

Sponsored Links
このサイトでは大人のインフルエンザに関する知識・対処法や、体験談などを更新していきます。



Sponsored Links