大人 インフルエンザ ロキソニン

ロキソニン

インフルエンザに感染すると、インフルエンザ治療薬と解熱剤としてロキソニンが処方されることがあります。
ロキソニンはインフルエンザにどのような効果があるのでしょうか。

 

Sponsored Links

 

ロキソニンはインフルエンザに効く?

ロキソニンは、解熱や鎮痛、炎症などを抑える効果のある薬です。
インフルエンザの際にタミフルやリレンザといったインフルエンザ治療薬と共に処方されることがあります。
幼児や10代の若年者にはインフルエンザ脳症のリスクがあるということで処方されることはありませんが、成人の場合はロキソニンとインフルエンザ脳症の関連性はないと判断されており、服用しても良いということになっています。

 

ロキソニンは、インフルエンザウィルスへの効果はないので、インフルエンザを治療することはできませんが、インフルエンザ発症時の発熱や、頭痛、痛みなどの緩和に効果があり、対症療法として使用されます。

 

 

ロキソニンの副作用とは?

アスピリン系やボルタレンなどと比べると作用は穏やかで、インフルエンザ治療薬のタミフルやリレンザと一緒に飲んでも問題ありません。ただ、胃への負担が大きいので空腹時の服用は避け、服用量をきちんと守る必要があります。

 

稀ですが、発疹や蕁麻疹などが出たり、浮腫やむくみなどの症状が出ることがあります。体に異変を感じたときは服用を中止し、医師の診察を受けるようにしましょう。
また、ロキソニンによって体の防御反応である熱が抑えられ、インフルエンザの症状が長引いてしまうことがありますので、安易な使用は控え、高熱が辛い時にだけ飲むようにしましょう。

 

いかかでしたか?
インフルエンザの際はロキソニンを効果的に使うことによって痛みを緩和することができますが、副作用を避けるためにも用法・容量を守ることが大切です。

 

 

 

 

 

Sponsored Links
このサイトでは大人のインフルエンザに関する知識・対処法や、体験談などを更新していきます。



Sponsored Links