大人 インフルエンザ 熱

熱の出かたや下がるまでの期間などは?

インフルエンザで出る熱はの温度は39〜40℃の高熱です。
はじめに潜伏期間が1〜3日あり、熱が出てから下がるまでには、早ければ3〜4日から遅い場合には1週間ほどかかります。

 

症状の始まりは、急な高熱と全身のだるさを感じます。
初期症状としては悪寒、頭痛があり、食欲不振になります。

 

Sponsored Links

 

高熱がある間は、関節の痛みがつらく、起き上がるのも困難になります。
鼻水や咳は、熱が下がり始めたころに出ます。
安静にして休養、睡眠、水分補給を心がけましょう。

 

インフルエンザから回復するまでに、約1週間はかかりまます。
発症して48時間以内に薬を開始すればインフルエンザに効くとされている薬がありますから、なるべく早期に医師の診察を受けるのがおすすめです。
解熱鎮痛剤に関しては用いないほうが望ましいとされている薬もありますので医師の指示に従いましょう。

 

 

インフルエンザB型は、風邪とよく似た症状です。
突然、急激に熱が上がり悪寒、ふるえがみられます。
熱は38〜40℃近い熱が出ます。
症状はほぼA型と同じですが、気管支系・消火器官系(下痢・腹痛・嘔吐など)に炎症を起こしやすい傾向が確認されています。

 

まれに、ワクチンをうっていた場合軽い症状ですむこともあります。
A型は大流行しやすく、B型は局地的流行にとどまることが多いようです。
インフルエンザの診断基準では38度を超える発熱がひとつの条件です。

Sponsored Links
このサイトでは大人のインフルエンザに関する知識・対処法や、体験談などを更新していきます。



Sponsored Links