大人 インフルエンザ 体験談 ロキソニン

市販のロキソニンに疑問をもった

インフルエンザが症状として出始めると体の倦怠感と共に関節痛や頭痛、高熱などで病院に行くのも億劫になり、自宅で何とかしようと思いがちです。
インフルエンザは初期から高熱が出るために、解熱効果を期待して常備薬としても活躍しているロキソニンを手っ取り早く使用してしまいがちですが私はおススメしません。

 

Sponsored Links

 

確かにロキソニンは解熱・鎮痛効果や炎症を抑えるのに有効的ですし、これを服用することで高熱が短時間で一気に下がることが期待できます。
熱が下がれば体は少し楽に感じますし良い方法と思いがちですが、それが一時のことですし、実際は逆にインフルエンザが悪化してしまう可能性があるのです。

 

インフルエンザウィルスと体が戦うことによって高熱や様々な症状が出るわけですから、ロキソニンの服用によって本来備わっている体のウィルスと戦う力を弱めてしまうことにつながります。
戦う力が弱まってしまえばウィルスが長く体に居座ってしまう可能性があるのです。

 

ロキソニンの服用によってインフルエンザウィルスが長く居座ってしまうということを説明しましたが、こういったインフルエンザを長引かせるといった副作用以外にも場合によってはインフルエンザ脳症やライ症候群といったインフルエンザを悪化させることが大人でもまれに起こります。

 

あるいは胃の弱い方には胃への負担も大きいことも心配されます。

 

そのため副作用含めインフルエンザへの対処法としてベストだと私が思うのは、インフルエンザの疑いがある場合はいち早くお医者様の判断を仰ぐことです。
それぞれの体質に合わせたタミフルはじめインフルエンザに効果的な投薬治療等で治すのが一番の近道だと思います。

 

※個人の感想です。いまは、成人の場合はロキソニンとインフルエンザ脳症の関連性はないと判断されているなどの情報もあります。

Sponsored Links
このサイトでは大人のインフルエンザに関する知識・対処法や、体験談などを更新していきます。



Sponsored Links